AppleScriptからJavaScriptを実行する。

今回はAppleScriptちゃんに手をだしてみました。

例ではAdobe Illustratorのスクリプトを実行しています。

まず
下のコードをAppleScriptエディタにコピペして
別名保存でファイルフォーマットをアプリケーションにして保存します。

set ScriptPath to ((path to current application) & "Contents:Resources:Scripts:") as string
set jsx to ScriptPath & "sample.jsx"
tell application "Adobe Illustrator"
	do javascript file jsx
end tell

できあがったアプリケーション(アプレット)を
右クリックで「パッケージの内容を表示」でファイルを覗いてやると
次のようなフォルダ構造になってるのがわかると思います。

なので
[Scripts]フォルダというのがありますのでここにIllustratorのスクリプトをつっこんであげましょう。
(ここではsample.jsx)
[Contents]→[Resources]→[Scripts]

注意:AppleScriptを別名保存で保存し直すとフォルダ構成がリセットされスクリプトも消えちゃうのでスクリプトは必ずコピーしたものを入れてくださいね!

そしてアプリケーションのアイコンをダブルクリックしてやれば

はい、できました。

このやり方をすればどの環境でもスクリプトの置場に困ったりしないですね。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です